ビーエスコートはキャンセルしたらペナルティがある?

ビーエスコートはキャンセルしたらペナルティがある?
 ビーエスコートでは様々な手段で当日予約キャンセルを申し入れることが出来ます。ただし、当日予約をするとキャンセル料を取られてしまうので注意しておきましょう。当日予約の際は電話で伝えるのが最も確実な方法です。

【ビーエスコートの予約キャンセルはいつまで?】
ビーエスコートは人気の脱毛サロンの1つです。脱毛サロンに通った時に困ることになるのは突然キャンセルせざるを得なくなったときであり、キャンセルできなかった場合にはお金が無駄になってしまう恐れもあります。
ビーエスコートでは、いつまでにキャンセルをすれば良いのでしょうか?ビーエスコートに既に通っている方はもちろん、これから通うという方も参考にして下さい。


ビーエスコートの予約キャンセル方法のまとめ




ビーエスコートのキャンセル方法

 ビーエスコートをキャンセルする際には電話かメールで伝える必要があります。しかし、当日キャンセルしなければならない事情が起こった場合は電話で伝えることをお勧めします。メールでは確認のタイミングが遅れてしまい、しっかりと受理されない恐れがあり、無断キャンセルとなってしまう可能性があるからです。電話であればその場で伝わるので、連絡の行き違いといったことは起こりません。
 様々な要因で通えなくなることは考えられます。ビーエスコートを利用する上でもそういったことはある程度想定されています。ビーエスコートの予約をキャンセルする際はなるべく早めにキャンセルをしましょう。前日までにキャンセをすればキャンセル料やペナルティはありません。

キャンセル料などのペナルティはある?

 ビーエスコートでは当日キャンセルをするとキャンセル料が発生します。無断キャンセルをしてしまった場合は1回分消化となる可能性があるので、キャンセルをする際は必ず連絡をするようにしましょうね。とにかく可能な限り早く連絡を入れることが非常に重要と言えるでしょう。
 前日までにキャンセル連絡をすればキャンセル料やペナルティはありませんが、前日のギリギリの時間帯に電話が繋がらないと次の日に連絡をしなくてはなりません。そのため行けないことがわかった時点でキャンセルするようにして下さい。

【ビーエスコートのキャンセル】
前日まで ペナルティ・キャンセル料なし
当日 キャンセル料発生


当日キャンセルや遅刻をするとどうなる?

 当日キャンセルをした場合はキャンセル料が発生しますが、遅刻をした場合はどうなるのでしょうか?調べて見たところ、15分以上遅刻してしまうと、施術部位を短縮しての施術となることがあるようです。予時間には限りがあるので、時間内に終わらせるために施術できない箇所が出てくる可能性があります。また、あまりにも大幅な遅刻の場合は施術自体を断られるかもしれません。
 5分程度の数分の遅刻であれば問題なく施術してもらえる可能性が高いですが、少しでも遅刻するようなら遅刻の連絡を入れるようにしましょうね。連絡なしで遅刻した場合は無断キャンセルとして扱われる可能性があることを覚えておきましょう。

こんな時はキャンセルするべき

 せっかく予約したからには出来るだけキャンセルしたくないという方は非常に多いです。脱毛サロンに通う上でそのような考え方は非常に大切と言えるでしょう。ただし、どうしても延期すべき理由もあります。例えば生理のときです。生理中は肌や身体がデリケートな状態です。そのため普段は平気でも痛みを感じやすかったり、肌荒れを起こしてしまったりと悪影響が出る可能性が高いです。
 キャンセル料がかかってしまうのは勿体ないと思うかもしれませんが、肌の為に生理中はキャンセルするようにしましょう。また、生理が来そうと思ったら前もってキャンセルするのも対策です。
 日焼けをしている場合やけがを負った場合にも、必要に応じて取りやめるようにしましょう。なるべく万全の状態で脱毛に臨むことが大切です。体調不良・風邪の時もキャンセルすべきです。 プラン詳細を見る

関連コラム

上へ