セルライトのレベルチェック!早めの対処が重要

セルライトのレベルチェック!早めの対処が重要
現在、エステサロンのコースの中で、一番人気ともいうべきコースがキャビテーションです。このキャビテーションは、ラ・パルレや、エルセーヌなどが安い料金で受けられる体験コースなどで、多くの人が経験し、即効性のサイズダウンが実現でき、多くの口コミが評判になって、最近では、下半身痩せ、サイズダウン、セルライトケアの代名詞的な存在になっています。
 口コミで人気になっているキャビテーションの効果に関しては、他のコラムに掲載させていただいているので、そちらを参考にしていただきたいのですが、ここでは、セルライトを気にしている人は急いで、ケアしてほしいといった内容を以下にまとめています。セルライトがいかに危険な存在か、ご理解いただければ、幸いです。

肥満レベル




あなたのセルライトはどのレベル?

 具体的な対処方法では、上述の通り、口コミなどで良く取り上げられているラ・パルレや、エルセーヌなどで、キャビテーションなどのセルライトケアをすれば、解決しやすい状態に、技術は進んでいるのですが、できれば、早期に、ケアしていただくことが重要という事を理解いただくために、下半身デブのセルライト度をまず、チェックしていきましょう。
 やり方はいたって簡単、自分の正常な皮膚、皮下脂肪を一緒につまみ上げ、親指とその他の指の間で擦り合わせるようにしてみてください。皮膚も皮下脂肪組織も滑らかな感じがするはずです。今度は、セルライトがあると思う部分を同様にチェックしてみましょう。たとえば、ひざの周りとか、太ももですね。
 鏡を使うか、友達に手伝ってもらって、気になる部分を全てチェックしてきましょう。セルライトがあれば、次のどのレベルかの症状に当てはまるはずです。セルライトのダメージは累積していくので、たとえばレベル4の症状がある人はそれまでの症状が全てある人という事になります。

レベル1:目立った症状なし、傷やアザが治りにくい

 外見的な変化はまったく見られません。セルライトの形成が始まりつつあることを暗示するサインとしては、ときどきむくむ、傷やアザが治りにくいこと位です。
 全般的に微小循環や、静脈やリンパ管を通じての排液の速度が遅くなって、組織内の水分の停滞が始まります。臍動脈や毛細血管の血液の流れは極度に悪くなります。組織への血液供給は減り、有害物質が放出されて毛細血管を刺激し、炎症が起こっていきます。リンパ液が組織内にたまり始め、血漿タンパクが細い繊維のあいだに定着し始めます。
 また、この程度ならエステなどを検討する必要はありません。生活リズムに注意しましょう。

レベル2:むくみが気になる。あざができやすい

 むくみが気になってきます。栄養素の補給を受けられない。毛細血管はきれやすくなり、ちょっとぶつかっただけで、内出血したり、フッと気が付いた時にあざが出来ていたりします。皮膚の色ムラがみられたり、親指と人差し指で摘まんだ皮膚は厚く、若干柔らかく感じます。デコボコも多少確認できるようになります。結合組織の損傷が始まっているので、つまんで抑えた時に痛みを感じるかもしれないです。
 まだ、エステに行かなくても、レベル1同様、食生活、生活リズムを守り、定期的な運動をしっかり行い発汗する機会を作ることを推奨します。

レベル3:皮膚がデコボコになるオレンジピールスキン

 組織内に停滞している水分量が、微細なリンパ管の処理能力を超えてくると、皮膚をつままなくても、皮下に水分が溜まっているのが確認できます。保持された水分は、毛穴や幹線を押し上げ、皮膚表面はデコボコになります。この状態は、かんきつ類の皮を連想させるため、「オレンジピールスキン」と呼ばれています。皮膚の細胞やコラーゲンを作る細胞は酸素や栄養素が不足する為、肌のツヤやハリも完全に失われます。
 エステのキャビテーションコースを検討した方が良いかもしれない水準です。ただし上述のケア内容プラス、お風呂での患部の揉み解しを丹念に行う事で改善される可能性もあります。ただし、即効性は無いので、スグにでも、数か月以内に改善したい場合はサロン通いを推奨するレベルです。

レベル4:波を打ったようなマットレススキン

 柔軟性を失った太い繊維が、脂肪細胞をメッシュ状に取り囲み、水分を閉じ込め、編み込んだ縄のようにデコボコ状態を作ります。波打った状態はマットレスに例えられ、「マットレススキン」と呼ばれています。
 リンパ液はほとんど停滞したままで、皮膚を触ると冷たく感じます。老廃物、毒素も運びだしが滞り、血管などに損害を与えます。セルライト部分では、比較的太目の血管の損傷も確認できるような状態です。
 早期にエステの体験コースなどで、セルライトを見てもらった方が良いでしょう。

レべル5:皮膚の温度差がわかるヒートアイランド現象

 皮膚を触ってみると、全体的に冷たい組織の中に、一部、厚く感じる部分があります。サーモグラフィックで見ると、セルライト組織内の温度差は一目瞭然です。  あまりにも、混乱したセルライト組織内を血液は通ることが出来ず、組織の外側を迂回するようになります。あらたに血液が近くを流れるようになった組織の一部は、これ幸いとばかりに、自分のまわりにたまっている老廃物や毒素を一斉に排出しようとします。
 それに対して、血管はめいっぱい太くなって毒素の処理を引き受けます。冒された組織の一部に多量の血液が集中することにより、全体的に冷たくなっている組織内に、島のように熱い箇所を作ります。
 こうなると、急いで、キャビテーションなどのコースを探して、通い始めた方が良いです。断食しても、負担のかかる運動をどれだけこなしても、なかなか、落ちることはありません。むしろ、体調不調を引き起こしてしまいます。

レベル6:ハチの巣のようなハニカム構造

 コラーゲン遷移による脂肪細胞のカプセル化(包み込み)が進みます。血行が悪い為、脂肪は運び出されないのに、新たな脂肪はどんどん運び込まれていきます。脂肪は増え、繊維はますます太くなり、量も増え、脂肪、水分、繊維の巨大な蜂の巣構造が形成されます。
 外科的な治療が必要になる状態で、最終段階です。エステのキャビテーションでは、間に合いません。日本人女性でこの状態の人は、ほとんどいませんが、完全にゼロという訳ではありません。

レベル別に対策を

 ココで挙げたような症状に全く該当しなかった人は、安心の健康体です。エステなど必要としません。下半身太りがあったとしても、普通の脂肪の蓄積のみで、生活改善で十分です。
 レベル1~2の症状はあるけど、それ以外のレベルが無いようであれば、これも生活改善や定期的なスポーツ、お風呂でのマッサージなどで改善の見込みは十分あります。
 レベル3~4の状態になると、改善には、相当の時間を要します。エステの体験コースなどで、担当のスタッフに見てもらう事を推奨します。このレベルで進行を食い止めないと、細胞へのダメージは大きくなり、また、この段階で、正しいケアを行わないと、セルライトの進行は一機に進みます。
 最後のレベル5~6になると、エステでもかなり苦戦を強いられます。専門家つまり美容外科などの医師に診てもらった方が良いかもしれないです。一般の掲示板サイトや口コミのサイトでは、エステを推奨するかもしれませんが、他しかにキャビテーションで時間を掛ければ、ケアはできますが、病気になってからでは遅いので、一度、医師に診てもらう事を推奨します。

むくみについて

 下半身を細くしたいと思っている女性のほとんどが、その程度の差こそあれ、脚にむくみを持っています。「お肉が多くて、むくんでいるから」とか「はれぼったさがどうしても取れない」と自覚している人がいる反面、脚にかなり異常なむくみがあるにも関わらず、のんきに「脚にいやなお肉がつきすぎちゃって」などという人もいます。いずれにしても、むくみというのは、体にとっての異常事態。そしてセルライトの形成が始まる、最初の大きな入口にいるという事です。
 むくみは細胞間に余分な水分が溜まる状態で、発生する要因はいくらでもあります。若い女性の場合、極端なダイエットで栄養失調になっている。歩くことが少ない、知らず知らずに、肝臓や腎臓に負担をかけている。特定の栄養素の不足から水分代謝がうまくいかない、甲状腺機能が低下している、精神的ストレスが強いなどの要因が考えられます。
 女性は、脚がむくむという症状を深刻に考えない傾向にありますが、今この瞬間から「やばい!スグに何かしなくては!」という気になった方が良いです。一度セルライトの進行を許してしまったら、それからあなたの下半身で増殖を続け、脚は増々太く、醜くなり、それどころか、補足することは至難になってしまいます。

 一応、ここでは、セルライトの状態とケアに関する目安を掲載しましたが、気になる人はエステサロンでみてもらいましょう
 全国展開している大手であれば、ラ・パルレや、エルセーヌがキャビテーションコースを体験コースという事で、500円~3000円程度の費用で受けられ、実際に、キャビテーションを利用して、セルライトを消していく状態を体験し、更に、セルライトの状態を科学的に見せてもらえますので、気になる方は、見てもらうのもありでしょう。

関連コラム

新着コラム

上へ