「ミュゼ脱毛VSケノン」どっちの方がおすすめ?

「ミュゼ脱毛VSケノン」どっちの方がおすすめ?

ミュゼプラチナムのエステ脱毛はムダ毛が生える原因にアプローチするだけでなく、美肌に効果を発揮するのが特徴です。ケノンの脱毛器にはリーズナブルな価格で脱毛出来るというメリットがあり、どちらを利用するかを比較して判断することが重要となります。


【脱毛サロンと家庭用脱毛器はどちらがおすすめか】
ミュゼプラチナムは全国に展開しているエステであり、エステ脱毛という施術を行っているのが特徴です。エステ脱毛は肌への影響を考慮し、負担を減らしてむしろ美肌に結び付けるという特徴を持っています。脱毛を検討している方の中にはエステに通うのは予算的に厳しいという方もいるのではないでしょうか。そこで便利なのが家庭用脱毛器です。エステ脱毛と家庭用脱毛器ではどういった違いがあるのかについて詳しく解説していきます。


【比較】ミュゼプラチナムのエステ脱毛と家庭用脱毛器ケノンはどう違うの?




ミュゼプラチナムで使っている脱毛器の特徴は?

ミュゼプラチナムではSSC方式の脱毛器を使用しています。SSCとはスムーススキンコントロールの略であり、肌に負担をかけにくくするための機能が搭載されているのが特徴です。安定したライトと、ジェルに含まれる成分により、肌を傷めることなくスピーディーな施術を可能にしています。そのSSC方式の脱毛器と、ミルクローションによるトリートメントによってエステ脱毛は構成されており、ミュゼプラチナムの代表的なメニューの1つとして人気があります。

ミュゼプラチナムはライトを使った脱毛を採用していますが、ジェルとライトの相乗効果を発揮させている点が一般的な光脱毛との違いです。アフターケアも充実しているので、肌トラブルが起こる可能性は極めて低いと言えるでしょう。


【ミュゼの脱毛の特徴】
  • 肌に優しい
  • 美肌効果がある
  • 肌トラブルのリスクが低い


家庭用脱毛器ケノンの特徴は?

家庭用脱毛器ケノンはそれまでの家庭用脱毛器のイメージを覆す高い効果を持つ機器となっています。ケノンには、キセノンフラッシュという光を発する機能が搭載されていて、この光が黒い色素に反応することによって脱毛を実現します。

キセノンフラッシュはエステサロンでも採用されている光なので、家庭用脱毛器ケノンはエステサロンの脱毛器に匹敵するほどの性能を持っていると言えます。カートリッジとして脱毛用4種類と、美顔用1種類がついています。それゆえに美顔を目的として使うことが出来ます。照射面積や回数に合わせてカートリッジを付け替えられることも、ケノンの大きなメリットと言えるでしょう。販売しているメーカーはVラインまでの照射を推奨しています。


【ケノンの特徴】

施術範囲や回数に合わせてカートリッジの付け替えが簡単のできる
自宅で行える


ケノンのメリット・デメリット

家庭用脱毛器ケノンのメリットは価格が安いことです。エステに通うとなるとどうしてもある程度の予算が必要となりますが、ケノンは購入さえしてしまえば後は費用が掛かりません。自分のタイミングで照射をすることが出来る点もメリットです。照射力は高く、上手く扱えればエステと遜色ないほどの脱毛効果を得られる可能性があります。

デメリットは失敗してしまうリスクが比較的存在することです。脱毛器の扱いになれているという方はそれほど多くありません。そういった方が初めて脱毛器を使うと照射力や回数、距離などを間違えてしまう恐れがあります。それほど使い方が高度であるというわけではありませんが、ちょっとしたミスが仕上がりの良さを失わせることも起こり得ます。



メリット デメリット
料金が安い
上手く扱えれば高い効果を実感できる
失敗する可能性がある
肌トラブルを起こすリスクが高い


ミュゼのメリット・デメリット

ミュゼのメリットは専門のエステティシャンに施術を行ってもらえるので失敗のリスクが極めて低いことです。また、アフターケアをしてくれることも利点と言えるでしょう。ミュゼプラチナムではミルクローションを使ったトリートメントを行っており、これが肌の調子を上げることに繋がっています。美肌を高い水準で実現できることはエステ脱毛の魅力です。

デメリットとして挙げられるのはコストがかかるということであり、予算が安定して確保できるかが問題となります。初回限定キャンペーンなどを併用することにより、コストを下げることは出来ますが、それでも家庭用脱毛器を購入することと比較するとお金がかかるのでその点をデメリットと感じる方はいるかもしれません。



メリット デメリット
仕上がりが綺麗で失敗のリスクが非常に低い
サロンのアフターケアが受けられる
ケノンに比べると料金が高い
プラン詳細を見る

関連コラム

新着コラム

上へ