1回の体験で痩せるって本当?銀座ブルー(BLV)の効果をレポート

1回の体験で痩せるって本当?銀座ブルー(BLV)の効果をレポート

フェイバリックスグループのエステサロンであるGINZA BLV(銀座ブルー)のセルライト撃退コースは、1回でも十分に効果があります。その理由は最新美容機器のハイパースリムSVを使用しているからです。他にも脂肪を分析するスタイルウォッチャーなどを活用しています。


【エステの痩身は本当に痩せるのか】
若い頃はちょっとダイエットしただけですぐに痩せることができたのに、年齢を重ねるごとにダイエットの効果が出なくなってきている女性の方が多いのではないでしょうか。そんな方達におすすめなのがGINZA BLV(銀座ブルー)のセルライト撃退コースです。
今回は「銀座ブルーのセルライト撃退コースは1回でも効果があるのか」について説明します。実勢に施術を受けた私の体験も紹介しますので、GINZA BLVを利用する際の参考にしてみて下さい。また使用している美容機器についても紹介します。


銀座ブルー(BLV)のセルライト撃退コースは1回でも効果があった!?




まずはスタイルウォッチャーで脂肪を分析

GINZA BLV(銀座ブルー)の痩身効果が高い要因の一つに、スタイルウォッチャーで脂肪をしっかり分析している点が挙げられます。スタイルウォッチャーは最先端脂肪分析機なので、体重計ではわからない脂肪の量や質、筋肉量まできちんと分析することができます。このスタイルウォッチャーの画面を見ながら、スタッフの方が説明してくれるのでとてもわかりやすいです。

ダイエットを成功させる秘訣は、自分がどれくらい太っているか知ることです。銀座ブルーが採用しているスタイルウォッチャーを利用すれば、正確な脂肪の量を計ることができ、それによって最適なダイエット方法を導き出すことができます。一生懸命ダイエットしていたのになかなか痩せなかった方にもおすすめです。


【ダイエット成功のカギ】
今の自分の体型をきちんと知ること


施術開始!ハイパースリムSVとは?

他のエステサロンに比べてGINZA BLV(銀座ブルー)の痩身効果が高い理由に、最先端の美容機器を使用しているという点が挙げられます。この最先端の美容機器は、ハイパースリムSVというもので、医療現場でも活用されているラジオ波を導入しています。

ラジオ波は肌を傷つけないで、脂肪だけにアプローチすることができるので安心して利用することができます。さらに照射することによってコラーゲンが生成され、若返りできるというメリットもあります。その効果を生肉を使って実験してみると、白く固まった脂肪だけが溶けていく結果になりました。この実験によって周囲にダメージを与えずに脂肪だけ溶かすことができるということがよくわかります。

ハイパースリムSVは、脂肪を撃退するのに最適な美容機器であるといえます。


【ハイパースリムSVのおすすめポイント】
効率よく脂肪を撃退することができる


遠赤外線・リンパドレナージュ・クロスシェイカーとは?

さらにGINZA BLV(銀座ブルー)ではハイパースリムSVの効果を高めるために、遠赤外線やリンパドレナージュ、クロスシェイカーなどを用いて施術を行っています。遠赤外線では体の芯から温めることで代謝をアップさせ、施術効果を格段に高めています。

排出促進を促すのはリンパドレナージュです。スタッフによる熟練のハンドケアによって、脂肪を体外へと排出していきます。いらないものが揉み出される感覚を実感することができます。

クロスシェイカーは筋肉を強化させることができるという特徴があります。適度に筋肉を強化させることによって、リバウンドしにくい体を作るためです。これらのものを効率よく組み合わせることで、理想の体を手に入れることができます。


【おすすめポイント】
遠赤外線 体を芯から温め代謝アップ
リンパドレナージュ 脂肪を体外へと排出させる
クロスシェイカー 効率良く筋肉を強化する


1回だけの体験コースでも痩せました!

私は下半身が太いのでなんとかして腰回りのお肉やたるんだお尻、太腿を細くしたいと思い色々とエステサロンに通っていたのですが効果はいまいちでした。そんな時、偶然にも知ったのが銀座ブルーです。とにかくリーズナブルな料金だったのでダメもとで体験コースを受けたのですが、ものすごい痩身効果があったのでびっくりしました。

たった1回だけの施術で体重を0.8kg落とすことができ、ウエストも-2cm、ヒップは-1.5cm減らすことができました。一番嬉しかったのが、太腿が2.3cmも減ったことです。どんなにダイエットしても下半身だけは痩せることが不可能だったので、この結果が出てとても驚きました。目標としている脚線美にも近づけそうです。

プラン詳細を見る

関連コラム

新着コラム

上へ