脱毛サロン「アンジェリカ」ブラジリアンワックスの効果や期間は?

脱毛サロン「アンジェリカ」ブラジリアンワックスの効果や期間は?

アンジェリカは、ブラジリアンワックスを使用してムダ毛の処理を行う脱毛サロンです。

光やレーザーを使った脱毛に比べてリーズナブルな料金でムダ毛の処理ができます。

口コミで評判が広がり、ワックス脱毛の経験者が増えています。


【アンジェリカのワックス脱毛ってどうなの?】
ブラジリアンワックス脱毛は、昔からある脱毛方法です。日本の脱毛サロンでも、ブラジリアンワックス脱毛を導入しているサロンがあります。
特に有名な脱毛サロンがアンジェリカです。クオリティの高い脱毛を低価格で提供しているので、リピート率は約82%と大きな数字が出ています。
アンジェリカは誕生してからすぐに口コミで評判が広がり、現在では若い女性でも気軽にアンダーヘアや全身の処理に訪れます。
毛の量や年齢、体型などは一切関係なく施術を受けることができます。


アンジェリカのブラジリアンワックス脱毛はどれくらい効果が続く?




アンジェリカのワックス脱毛の流れは?

アンジェリカは口コミでも評判の脱毛サロンですが、実際に経験しないと効果を知ることはできないです。

日本には数多くの脱毛サロンや美容クリニックがありますが、脱毛サロンではムダ毛の処理に光を使います。美容クリニックの場合は医療用のレーザーを使ってムダ毛を処理します。医療用のレーザー脱毛は永久脱毛が可能ですが、アンジェリカの脱毛はワックス脱毛なので永久脱毛とは異なります。

一般的なレーザー脱毛や光脱毛の場合、効果が現れるまでの期間は10日前後ですが、ブラジリアンワックスの場合はその場ですぐに脱毛ができます。

アンジェリカで使用しているワックスの原料は蜂蜜や砂糖、レモンなどを使ったナチュラルな素材なので安心して使えます。安全性が高いので、粘膜部分の脱毛も可能です。



ワックス脱毛って痛いの?体験レポート

ワックス脱毛に興味を持っていても、痛そうだという理由で施術を躊躇している人もいます。ブラジリアンワックスは痛みがありますが、耐えられるレベルの痛みになります。

一般的なワックスの温度は45度から47度前後で、温めてから施術を行います。アンジェリカで使うワックスは、37度から40度ほどの低い温度で使うため肌への負担が少ないのが魅力です。

施術を受けてワックスの温度や痛みが辛い場合は、いつでも遠慮なく施術者に相談ができます。ワックス脱毛は受ける前は心配ですが、実際に受けてみると痛みは一瞬で終わります。肌が弱い場合は、肌の状態をチェックして判断してくれるので安心して下さい。

実際に私もアンジェリカで脱毛を受けましたが、耐えられる程度の痛みでした。


【アンジェルカの脱毛を受けた感想】
  • 痛みはあったが耐えられるレベルだった
  • スタッフが剥がす時などに声を掛けてくれたので心の準備ができた
  • 終わった後、少し赤みがあったがすぐに治った


ブラジリアンワックスってどのくらい効果が続くの?

ブラジリアンワックスでムダ毛の処理をすると、すぐにツルツルの肌を手に入れることができます。

新しい毛が生えてくるまでのスピードには個人差がありますが、初めてブラジリアンワックスで脱毛する場合、毛が太い人なら1週間程度で新しい毛が生えてきます。

ブラジリアンワックス脱毛を長く行っている人の中には、次の毛が生えるまでの周期が長くなるケースもあります。

ブラジリアンワックス脱毛を行った直後は、肌がヒリヒリして赤みや痒みが出ることもありますが、通常であればすぐに本来の状態に戻ります。

ただし、プールや旅行(温泉)に行く予定がある場合は、予定日の3日から1週間前の間に施術を行うのがおすすめです。



通い続けると効果が長続きする?

ブラジリアンワックスは、継続することで効果が長持ちするようになります。毛の状態が良くなる傾向があり、ゴワゴワしていたアンダーヘアがフワフワの毛になるケースもあります。

注意点としては、ブラジリアンワックス脱毛は、毛の長さが1cm以上ないと施術ができません。が短い状態で施術を受けるとワックスがムダ毛をキャッチできないため、脱毛が難しくなります。また、次に施術を受けるまでには1ヶ月以上間隔を空ける必要があります。

海外では、永久脱毛でもないのにブラジリアンワックスを行う人が多いです。ブラジリアンワックスは原始的な方法で、古代エジプトではクレオパトラもワックス脱毛でムダ毛の処理をしています。

オーガニックな脱毛方法なので、デリケートゾーンのムダ毛の処理では特に人気があります。


【通い続けた時の効果】
  • 効果が長続きする
  • 生えてくる毛が細くなる(ゴワゴワがフワフワになる)
  • 痛みが減る(慣れてくる
プラン詳細を見る

関連コラム

新着コラム

上へ