スリムビューティハウスを徹底分析

スリムビューティハウスを徹底分析
 東洋医学では、活性酸素の事を「邪」と呼んでいます。邪が発生する理由をロジカルに把握して処理していきます。フェイシャルエステのハンドマッサージでの活性酸素の処理方法が現在口コミ等で評判を高めています。
 一般のエステでは、イオン導入のように、活性酸素の要因になる電子に対して処理していく方法を採用していますが、スリムビューティハウスのように、東洋医学の見地でアプローチしているサロンは、どのように、対応しているのでしょうか?
プラン詳細を見る

東洋医学のフェイシャルエステの活性酸素へのアプローチ




気の流れを整えて、邪を払う事で、活性酸素に負けない体に

 私たち人間は、呼吸によって、大量の酸素を口や鼻から体内に取り入れていますが、そのうち約2%が活性酸素になると言われています。活性酸素とは、他の物質を酸化させる力がとても強い酸素の事を言います。酸素は私たちが生きていく中で、欠かせないものですが、ちょっとした事がきっかけで、活性酸素に変貌し、そして、この活性酸素こそが、アンチエイジングの敵、老化現象を引き起こす原因であると考えられています。

東洋医学の見地

 では、スリムビューティハウスなどが提唱している東洋医学の見地では活性酸素とはどういった扱いになっているのでしょうか?
 東洋医学では、「邪」という言葉が、活性酸素にあたると言われています。生活のあらゆる場面で邪が発生し、邪を払う事が治療の目的とされています。

 邪が発生する理由は外的要因である「六淫」、身体の中から発生するという内的要因の「七情」、どちらとも採れない要因として「飲食の乱れ、過労と運動不足」といった3点で考えると言われています。
 六淫とは、風、寒、暑、湿、燥、熱または火という自然現象である六気が突然、あるいは激しく変化すると発病の原因たる外的要因として外邪になることを指し、喜、怒、憂、思、悲、恐、驚の七つの感情が七情といい、こちらは、内的要因で、これらが過度に、また長い間継続されると病気の原因になる内邪という事を意味しています。
 東洋医学での治療は気の流れを整える事、活性化することにあります。これを生気と言います。生気によって気の不足を補い、外邪、内邪の病気をケアすること、取り除くことを扶正去邪と呼びます。こういった方法で気の流れを整える事で活性酸素を克服する身体を手に入れることができると考えられています。
詳しく見る

たるみ、くすみ、むくみ、シミ、すべては活性酸素が原因

 邪は身体の健康だけではなく、美容面にも大きな影響を持っています。身体の中にできた病理産物である気滞、痰湿、お血なども内邪として捉えています。気滞は生理不順、不眠、便秘に痰湿は肌のたるみやむくみ、冷えに、お血はくすみ、シミの原因となります。
 活性酸素が多くなると血液の粘度を上げて血液をドロドロにしてしまいます。次の日の疲労につながり、更には、数日後にはお血となり、顔のトラブルになります。また、邪に負けると気が虚し、気が虚すとたるみを引き起こしてしまいます。朝の顔と夕方の顔が違う。それがまさしく、活性酸素の仕業なのですが、自分ではなかなか結びつかないもの。スリムビューティハウスのような東洋医学から派生しているエステサロンでは、それをつなげて気づかせてあげる作業、そして生活の中で活性酸素を生むような行為を止めてもらうようなアドバイスをしながら、生まれたものを消す施術を行っていきます。

★活性酸素が発生する主な要因
  • 紫外線
  • 加工食品
  • アルコール
  • たばこ
  • 激しい運動
  • ストレス

プラン詳細を見る

身体の緊張を解きほぐし、ツボを刺激していく

 邪を払う正気のトリートメントは「さする」、「タッピング」、「なでる」という3つの要素で成立しています。
 スマートフォンの普及や、高品質な大画面テレビ、パソコンを使う仕事など、目を非常に酷使するようになった現代では、特に頭部に活性酸素が溜まりやすくなっており、長い工程でのケアでなくても、やさしく「さする」事で、緊張をほぐし、いかに安心感を全体に持たせるかが重要で、「タッピング」は、拍動に合わせるようなリズムで、とてもゆっくりしたタッチで、ツボを意識して刺激していきます。「なでる」は少し圧を加えて、浮いてきた毒素をリンパを意識して、排出していくように、流していくイメージでトリートメントしていきます。
 東洋医学系の活性酸素に対するアプローチは、短時間で効果を発揮してくるので、他の施術の前後によく使用される手法です。
 肌のトラブルに対して、活性酸素が足を引っ張っていると感じられる場合、美白やリフトアップのケアと合わせて行い、相乗効果を狙って施術していきます。邪が取れて、気の流れが整うと、水か血のいずれかに変化が出てくることが多く、フェイシャルを行うだけでも、身体の変化を感じる事でしょう。むくみが改善されたり、肩こりが楽になるだけではなく、髪や爪などもキレイになっていきます。
詳しく見る

活性酸素が発生しやすい生活環境か?チェック

 活性酸素が発生しやすい生活環境かチェックしていきましょう!

紫外線に当たる環境かどうか?

 紫外線はやはり一番の大敵といえるものです。「外に出るな、日を浴びるな」という事ではありません。大切なのは、紫外線を浴びてしまった後のケア。早く活性酸素を消して留まらせないことが重要。

食事の質

 食べ物については、加工食品、精製されたものなどを解毒しようとする時に活性酸素が発生すると言われている。女性の場合は特に砂糖の摂取量が多い傾向にあります。野菜ジュースや炭酸飲料に含まれている糖分にも要注意。

運動量

 筋肉をいじめるような過度な運動によって活性酸素は生み出される。女性に人気の加圧トレーニングなどもその一つ。そういった運動を日常的にしている人は食事の内容に気を配り、バランスを取ることが不可欠。

生活環境

 特に睡眠の質は大切です。本来の動物的な動きが最も邪を生まないので、起きるべき時に起きて、寝るべき時に寝ているかどうか。夜10時以降に身体や頭を使っている人は活性酸素を生んでいると考えられます。

精神的なストレス

 仕事や人間関係などに要因するストレスも体内で活性酸素が多く増える要因。ストレスを全くなくすことは、不可能でしょうが、それが、活性酸素を生んでいると自覚することが大事です。
プラン詳細を見る

自宅でのセルフケア

 活性酸素対策という事で、食事に対するケアや、ストレスコントロール、睡眠などは、上述のチェック内容を確認してもらえればよいのですが、仕事上でどうしても紫外線などを浴びてしまうような仕事などをしている人には、紫外線を浴びるなとは言えませんので、大切なのは紫外線を浴びた後のケアです。
 ほてりや、多少の熱を皮膚表面に感じるようであれば、美白などのケアよりも前に、冷たいローションなどで、ますは、しっかりそれらを鎮めることが重要です。炎症があるということは、間違いなく、活性酸素が出ている証拠になります。ビタミンCや酵素など活性酸素を抑制する効果、除去する効果のある食生活も心がけてください。
 また、東洋医学で言う所の気の流れを保つことも重要です。こういった症状の場合は、気を頭から抜くか、足先から抜くかの2択が多く、頭に百会と呼ばれるツボがあります。ちょうど頭のてっぺんから、後ろに3~5センチ程度の位置にあります。その百会をブラシで叩いてみたり、青竹踏みや、足裏マッサージなどで刺激を与えるといったケアを就寝前に行うといったことも、おすすめのセルフケアです。
 また、あずきカイロなどで腹部を温めるのも効果的です。
詳しく見る

春野菜もお勧め

 食事の中でも、春野菜は特に、この活性酸素に対して有効な成分を有しているので、摂りすぎは何事にもよろしくありませんが、摂取が可能であれば、お勧めしたいです。
 春野菜に含まれている苦味には、多くの活性酸素に対する有効な成分が含まれています。菜の花、フキノトウがそれに該当します。春野菜は、冬の期間、発芽する為に、微生物や虫などから身を守るために、苦味を覚えました。この苦味には、身体の酸化を防ぐ効果があります。独特の苦みが苦手でない人には、是非、お勧めします。
プラン詳細を見る

スリムビューティハウスでの施術方法

 東洋医学を基に作られたスリムビューティハウスなどのエステサロンでは、東洋医学とエステサロンの独自のロジックを掛け合わせて、活性酸素と向き合っています。

ディープクレンジング

 よごれも立派な活性酸素を蓄積させる要因にもなります。また、効果的にケアしていくうえで、毛穴のよごれは大敵です。最初にしっかり毛穴、くすみ角質のケアにつながる毛穴のケアを行っていきます。

表情筋や深層表情筋のケア

 顔にある30以上のツボをしっかりリフトアップを意識しながらマッサージをしていきます。この刺激には、ツボを押す事でのリラックス、活性酸素の要因のひとつである緊張感を緩和していくストレスフリーにしていく効果と、リンパの流れと血行をしっかり整えて、毒素や老廃物をしっかり排出していく、つまりは、かおのむくみを取って、小顔を意識した施術を行います。

パックで皮下にある活性酸素を取り除く

 美白成分が多く含まれるビタミンCやEなどが処方されているパックや、海藻類などを用いて、活性酸素をパックに浮き上がらせて吸収していくケア内容を施します。また、最近では、フラーレンが含まれたパックを使用してくれるサロンも増えてきました。
 フラーレンには、ビタミンCの約170倍以上の抗酸化力を持っており、アンチエイジングでは、無視できない成分として注目を集めています。
 コエンザイムなども注目されていますが、フラーレンは、施術した後の持続性が全く異なり、また、肌にも優しい成分です。活性酸素を取り除くだけでなく、抗酸化力が鍛えられるというのも大きなポイントです。
プラン詳細を見る 詳しく見る
この記事を書いた人
hana

hana

隠れデブだったのが出産を機に隠せなくなりました…。なんとなく通った痩身エステで凄さを実感!仕事復帰した今、多くの痩身エステに通っています。体型に悩んでいる女性の助けになれば嬉しいです♪


関連コラム

新着コラム

上へ