寝ているだけで1時間の有酸素運動?EMSの効果とは?

寝ているだけで1時間の有酸素運動?EMSの効果とは?
 ミスパリやダンディハウスの脂肪、肥満対策の人気コース「セルライトバーン」や、たかの友梨、TBCなど大手エステサロンでも導入されているEMSの効果や、痩せる仕組みとはどういった内容なのか?痩身エステのコース選びに是非、参考にしてみてください。

キャビテーションとEMS




EMSの効果とは?

 EMSとは、電流を流すことで、自動的に筋肉を収縮させることが出来る機械の事を言います。現在では、痩身エステだけではなく、各種スポーツ選手の筋肉増強や医療用リハビリテーションなどで幅広く活用されています。
 効果としては、ミスパリは、このEMSを「セルライトバーン」という名称で現在リリースしていますが、国士舘大学大学院スポーツ・システム研究科というところで、効果検証をしてもらった結果、筋肉内のグルコースが減少し、筋疲労物質「乳酸」が発生しました。つまり筋肉の反応が、自分の力で運動した時と同じように出ているという事です。また、血液中の遊離脂肪酸が増加し、中性脂肪が減少することが分かりました。このことはEMSがただ皮膚表面に刺激を与えているだけではなく、確かに筋肉運動を行っている事の証になるかと思います。
 結果、EMSのエネルギー消費量に関しては、寝たままで、有酸素運動1時間分の運動効果を上げているという事になります。注意書きになりますが、全てのEMSという事ではなく、ミスパリの自社開発のEMSの話になります。こちらは、周波数が深い位置に入る中周波を利用しています。

むくみにも効果あり

 EMSは施術中、同じ刺激を繰り返しているわけではありません。ウォーミングアップからクールダウンまで、大小のメリハリ、強弱をつけて、数種類の運動プログラムを持っており、連筋、遅筋すべての筋肉をターゲットに確かな筋肉運動を行う事で、ダイエット時におこりがちな筋肉の衰退を防ぎ、基礎代謝を維持することが出来ます。
 また、EMSのもう一つの特徴は、パッドを設置する場所にあります。パッドは、足の裏、腕など、東洋医学に基づいた全身のツボと筋肉のある位置に設置されることが多く、内臓のツボを刺激することで、水分代謝、むくみを改善し、毒素を排出しやすい身体へと体質改善を行っていきます。また、腹筋や太ももなどの筋肉を鍛え、カロリーを消費しやすい身体を作ります。
 さらに、自律神経の走る背骨に沿ってパッドを配置することで、背中の張りをほぐすと同時に、自律神経のバランスを整える効果もあります。ストレスが多い現代社会では、どうしても、自律神経のバランスが乱れがちです。しかし、自律神経がバランスよく働かないと、余分な脂肪を貯め込んでしまったり、痩せにくい身体になってしまいます。

EMSだけではなく他のコースと織り交ぜると効果的

 たしかにEMSを受けるだけで、一定の効果は期待できます。簡単に言えば、インナーマッスルに刺激を与えて、運動と言う消費活動を行うので、結果は出るでしょう。しかしながら、同じ効果を出すのであれば、最大限に効果を発揮することを希望しますよね?多分、エステ選びや、コース選びの基準になるかもしれませんが、EMSだけを受けるのであれば、エステで実施されているEMSと比べると効果は減りますが、通信販売のEMSを購入すれば、事は足ります。
 そうではなくて、他のメニューと組み合わさったコース設定になっているサロンやコースを選ぶと更に相乗効果を発揮して、サイズダウンや、セルライト除去などの効果が期待できます。

代謝が悪くなる原因

 セルライトは、単なる脂肪ではありません。痩せている人でさえ冒されてしまう症状で、基礎代謝の減退が主要因で発生する女性特有の問題です。
 女性の脂肪は、上半身に付きづらく、下半身に集中して、蓄積されます。若いうちは、それでも、問題ありません。若いうちは、基礎代謝能力が非常に高く、どんどんカロリーを消費していきます。しかしながら、18歳を超えてくると次第に、この基礎代謝は減退していきます。
 また、そういった加齢だけではなく、女性の社会進出が目覚ましい昨今では、会社でのストレスや、仕事などの影響で、睡眠時間などが阻害され、不規則な食生活などの諸問題で、ホルモンバランスが崩れ、代謝が思うように行われない状態になってきています。

代謝が悪くなるとどうなるの?

 実際の代謝、つまり、カロリーを消化するという活動は、血の流れとリンパの流れが司ります。血液の流れるところに、脂肪などを消費する栄養が運ばれ、消費された脂肪は乳酸と化し、リンパに排出されて体外に消えていきます。ところが、不規則な生活バランスや、加齢を原因として、基礎代謝が落ちていく中で、脂肪が蓄積されていくと、潤滑な血流がもたらされず、代謝不能の為、細胞内に脂肪が蓄積され、脂肪細胞が肥大化していきます。
 肥大化した脂肪のせいで、本来あるべき姿の血の流れとリンパの流れを阻害されてしまいます。阻害された血流は、思うように、代謝活動を行うことが出来ず、更に、老廃物や毒素をため込むようになります。そうなると血管やリンパ管は、脂肪の塊のせいで、本来の流れから脂肪の塊を大きく迂回して流れるしかない、または、最悪せき止められます。
 そして、脂肪の肥大は止まらず、デコボコしたいびつな形、セルライトになっていきます。代謝が行われない状態になるので、スポーツをしても、食事制限をしても、サイズダウンはあっても、セルライトのデコボコは無くなりません。
 ですが、EMSが以下のコースと組み合わさるとセルライトに対して効果を発揮することが可能になります。

おすすめエステサロンを紹介

 おすすめのエステサロンと効果について紹介いたします。

キャビテーション

 キャビテーションは、実施可能なエステがまだまだ、少ないですが、簡単に言うと、セルライトを作っている肥大化した脂肪細胞の細胞膜を破壊することが出来るマシンです。細胞膜を破壊するからと言って外科手術ではありません。メスなどを使用するものではなく、揉み解す触手のようなものが付いたマシンで、患部にキャビテーションの機器をあてることで、強力に患部をもみほぐします。
 ただし、凝り固まったセルライトをほぐしていくので、デメリットとしては、痛みを感じてしまう点です。破壊された脂肪細胞は、乳化して、リンパに流れ込みます。また、脂肪細胞が破壊されれば、自然と血流は元の位置に戻っていき、代謝しやすい状態になります。
 この新陳代謝がしやすい状態で、EMSを使用することで、奥深くにある筋肉が刺激され、代謝活動を促進してくれるので、セルライトを消していくだけでなく、脂肪消費、サイズダウンを効果的に同時に行ってくれるという結果になります。

【キャビテーションができるエステ検索】

インディバ

 インディバは、本来がん治療などに用いられていました。インディバで使用されるマシンからは、高周波が発せられます。この高周波は自律神経などを刺激して、体内で熱を起こさせるマシンで、がんが、熱に弱い事を利用して、滅していく効果を持っていますが、脂肪にも近い事が言え、脂肪がたまる理由、セルライトが貯まる理由は、血の流れが阻害されることで、他社が行われないことです。
 インディバで熱を体内で発生させることで、脂肪を消費しやすい状態にし、また、セルライトで阻害されていたリンパの流れも、排出しやすい状態に整えてくれます。血行が良い状態で、EMSで筋肉を刺激することで、脂肪細胞の消費を大きく手助けしてくれます。
 ちなみに、効果としてのキャビテーションとインディバの違いは、単純に脂肪で肥大化した部分をサイズダウンするだけであれば、インディバとの組み合わせの方が効果は高いです。ただし、セルライトケアと言う部分では、同様に効果がありますが、キャビテーションは即効性のある効果を発揮し、インディバは繰り返し実施ていていく必要があると言えます。

エンダモロジー

 エンダモロジーはセルライトケアでは、各エステで導入されている定番コースの一つです。専用の機器を使用します。この危機にはローラーが付いていて、このローラーがセルライトのゴツゴツした脂肪細胞の上を走らせて、皮下組織にアプローチします。血行の悪い脂肪細胞が肥大化したセルライトは、他の部分と比べると温度が低いのですが、エンダモロジーのローラーを走らせることで、刺激を受けた皮下組織は熱をセルライトの脂肪細胞に与えていきます。温められた脂肪は非常に柔らかい状態になり、いままで固まっていた脂肪細胞に隙間ができ、迂回又は、せき止められていた血管やリンパ管が通りやすい状態になり、尚且つ新陳代謝をしやすい状態も同時に作ってくれます。
 この状態においてEMSを使用すれば、代謝しやすい状態なので、上述のキャビテーションやインディバと同様、消費活動をかなり促進してくれます。

その他

 そのほかにも、サーモなど、デトックス、サウナ効果のある排出系のコースともかなり相性の良いEMS。自宅でも専用の機器が通販で売られているので、手軽に利用できますが、エステサロンとの違いは、上述の通り、エステでは、EMSは色々なコースとの相性が非常によく、組み合わせることでかなりの相乗効果を発揮するメニューという事です。顔のむくみや、小顔になりたい人向けに、フェイシャルコースでも利用されています。

【EMSを受けられるエステ検索】

関連コラム

掲載企業一覧