痩身、サイズダウンのエステの選び方の4つのポイント

痩身、サイズダウンのエステの選び方の4つのポイント
 よく「頭の病気は身体を使え、身体の病気は頭を使え」などと言われていますが、これは、ダイエットにも当てはまる言葉です。
 食欲は決して胃であったり、腸で感じ取るものではありません。食欲は空腹になると食べたいと感じる中枢である脳の視床下部にある摂食中枢と、満腹なので、これ以上は食べたくないと感じる満腹中枢で、コントロールされています。
 ダイエットを成功させるには、この食事に関する中枢神経をだまして、食欲をコントロールすることが重要で、つまりは、「頭を使う事」が重要だったりします。ここでは、正しいダイエットとは何か?また、それを踏まえて、どういったエステサロンを選ぶことが肝要か?にスポットを当てていきます。


ストレスは食欲の大敵!

 食欲をコントロールする上で強敵になるのが、「ストレス」です。ドーパミンと呼ばれている物質は、摂食中枢を刺激することで、食欲が沸いてきます。平時、自分の好きな食べ物を視覚でとらえたり、おいしい香りを鼻で感じ取るといった、視覚、嗅覚、想像などの刺激によってドーパミンは分泌されます。焼肉屋の前を通りがかって、お肉を焼いているニオイを感じて、ついつい、入店してしまったという経験がある人もいることでしょう。まさに、その瞬間は、脳内でトーパミンが盛んに分泌されている状況と言えます。
 逆に、満腹中枢のコントロールにも、ストレスは深くかかわってきます。満腹中枢を刺激して、「もうこれ以上食べられない!」と感じるのは、セロトニンという物質が深くかかわってきます。しかし、ストレスが加わると、このセロトニンの分泌量が減ってしまい、満腹を感じにくくなってしまいます。
 自己流のダイエットを続けていると、停滞期を迎えた時に、いかに上手にそれを乗り越えられるかが重要です。いかにストレスをため込むことなく、この停滞期を乗り越えるか、結果としてダイエットに失敗してしまうケースが多いのは、このストレスが原因で、停滞期を乗り越えられずに、満腹感を得られにくい体質になってしまい、思わず、食べてしまうといった事です。
 エステサロンに通う意義は、施術を受けるだけにとどまりません。停滞期を迎えた時に、違うアプローチにより身体をだまして次のステップに促したり、カウンセリングを通じてストレスの軽減をおこなったり、動機や目標の再確認をしながら、やる気を損なわせない、維持してダイエットを成功に導くということです。ダイエットのプロはそんな役割も持っています。

正しいダイエットはダイエットを正しく学んでいるプロがいるサロンに行こう

 多くのエステティックサロンが、日本中にあります。その中からどうやって自分に合ったサロンを選べばよいのでしょうか?それは、ダイエットを正しく学んだダイエットのプロがいるサロンを選ぶことです。近年エステティシャン養成校が増えてきました。生徒たちは、皮膚科学、大脳生理学、解剖学、運動生理学、栄養学、香粧品学、心理学、実技では、フェイシャル、ボディ、メイク、ネイルなど多くの事をトータルで学び基礎を身に付けてから卒業していきます。
 そして、エステティシャンとして働き始める訳ですが、働き出すと、多くの疑問が沸いてきます。学校で学んだ通りのことを実践しても、キレイになる人、キレイにならない人が出てきます。お客様の期待に応えたいと思うエステティシャン達は、働きながらに、深く専門知識を学び始め、応用を学び、その分野の専門家としての資格を取ります。それが、スパ・セラピストや介護予防エステティシャン、管理美容脱毛士であったり、ダイエットプロフェッショナルと呼ばれる専門家達です。
 安全で確実に、短期間でダイエットを成功させ、美しいボディラインを作り出すことができるのが、ダイエットプロフェッショナルの資格を持った人たちです。痩身を専門的に学んだ痩身のプロがいるサロンを選ぶことがダイエットを成功させるポイントでもあります。

ミスパリについて

 例えば、その中でもミスパリと言うエステサロンは、非常にわかりやすく、トリプルバーン痩身法という手法を実践していますが、無駄な脂肪を燃やして、太りにくい体質にして、引き締まった体へといったコンセプトを実践しています。
 丁度良いので、トリプルバーン痩身法の内容をそのまま以下に掲載しますが、以下のような内容を実践できているサロンであれば、一安心と言えます。

★ミスパリのトリプルバーン痩身法
プロによる指導 生活習慣の改善 定期的なカウンセリング、定期的な測定・管理・食事・運動指導
ヘルスフーズ 痩せやすい身体、太りにくい体質へ 身体の中の体質改善、毒素の排泄(デトックス)
プロによる技術 痩せる・引き締める 有酸素運動で脂肪燃焼、痩せたい部分からのサイズダウン、引き締まった身体作り


正しいダイエットで目指すは「太りにくい体質」「引き締まった身体」

 ここまでの話では、身体の仕組みや自分の体質などを十分に理解しないまま、新しいダイエット法が流行するたびに飛びついては、途中で挫折するといったことの繰り返しが、結局は「太りやすく痩せにくい」体質を生み出すだけではなく、健康を損ねたり、老化を早めるといった弊害があることは理解していただけたことでしょう。
 長い目で見てダイエットを成功させるためには、ダイエットに取り組む前にきちんと計画を立て、自分にあったダイエット方法を選択しなければなりません。
 そして正しいダイエットを成功させるためには、大きく分けて4つのポイントがあります。

自分の身体の事を知る

 自分の身体のことを正しく理解している人は、意外と少ないモノです。ダイエットを始める前には、専門家の力を借りながら、きちんと自分の身体の現状や生活環境を正しく知ることが大切です。

1か月の体重の減少を5%以内に抑える

 リバウンドを防ぐ上で重要になってくるのが、いかにホメオスタシスを働かせないで、体重を減らしていくのかという点です。ホメオスタシスは1か月以内に体重が5%以上減ると働き出すと言われているので、体重の減少は、1か月で5%以内に抑えるようにします。つまり、体重60キロの人の場合、1か月に3キロを目安に体重を落としながら、技術により身体を引き締め、筋肉を付けていきます。

減量した分は最低1か月間維持

 ダイエットで目標まで減量したら、最低1か月間は、その体重を維持するように努めましょう。1か月以上維持できれば、満腹感を伝えるホルモンが作用し、少ない食事量でも満腹感を得られるようになるので、無理なく食べる量を減らすことができるようになります。

停滞期を上手に乗り切る

 停滞期がきたら、ダイエットが順調に進んでいる証であり、次の体重減少のための準備期間だと捉えるようにして、上手に乗り切りましょう。また、この時期、ダイエットプロフェッショナルがいるサロンでは、技術や食事指導、生活の仕方についての見直しをすることがあります。まったく違った技術や食品を使う事によって、身体が反応し、停滞期を短い期間で乗り越えることが可能だからです。
 これは、減量速度、身体の締まり具合、性格などを総合的に見て正しく判断できるダイエットプロフェッショナルだからこそできる事と言えます。

まとめ

 これまでのダイエットエステであったり、現在ほとんどのエステサロンの痩身、サイズダウンコースでは、発汗させるデトックスに集中しているか、または、インナーマッスルをひたすら動かして、カロリーの消費を促すことに集中しているといった内容になっていますが、普段の食生活やアドバイスなどは、あまり行われていませんでした。
 食事のアドバイスに関しても、あったとしても、極端な厳しい食事コントロールに依存していました。例えば、最近人気の有酸素運動を全面に押し出しているライザップでは、週1回の有酸素運動だけではなく、カロリーを下げる為に、脂肪を燃焼しやすい、食事メニューを提案しています。
 この食事メニューは、減量だけをしている内容ではありません。お酒も飲めます。燃焼しやすいメニューを提供しています。単純に食事制限を行うと、身体は、脂肪は吸収しやすく、溜め込みやすくなり、身体は維持するために、消費はされにくくなります。
 そうならないように、例えば、筋力を下げないように、カルシウム類を推奨しさらに、そのカルシウムを吸収しやすい状態を作るための納豆などの豆類などもしっかり摂取するように、また、赤味の肉なども摂取してもらいます。

 これは、痩せる事だけが目的ではなく、もちろん、適度な運動と適度な食事はダイエットの基本ですが、痩せやすい体作りというリバウンドしない身体作りと、見た目がおかしいダイエットにならないようにします。
 一般的なダイエットでは、いびつな身体になりやすく、特に女性に見られますが、上半身は消費しやすく問題ないのですが、下半身に関しては、セルライトがある人であれば、尚更ですが、下半身は脂肪を貯め込みやすく、消費しにくいという特長があります。
 もし、体重を減らすことに成功しても、上半身がガリガリの状態で、下半身がでっぷりしていては意味がありません。こういった事を考慮して、食事と、サロンでの施術、停滞期を乗り切るカウンセリングと適宜に応じたプラン設計ができるサロンを選ぶことが望ましいです。

関連コラム

新着コラム

上へ