サンパティックの痩身エステを体験してきました

サンパティックの痩身エステを体験してきました
公開日:2020/03/30 更新日:2020/04/10

どうやっても落ちない体重の原因は、女性の多くが気にしている悩みのセルライトかもしれません。このセルライトに焦点を当てて行うサンパティックの体験コースは、さまざまな点で目からうろこが落ちたという口コミが多いことから、効果が期待できる痩身エステです。


【痩せたい人におすすめ!痩身エステ】
年齢を重ねるごとに痩せにくく、逆に太りやすくなってきたのは代謝が鈍ってきたせいだからと、代謝をアップさせるためにジムに通ったり、体温を上げて行うホットヨガにチャレンジしたりとさまざまな方法で痩せようと頑張っている女性は多くいます。
とはいうものの体重は落ちても気になる部分が痩せなかったり細くならなかったりと思うように効果が出ないことも多く、そんな時は痩身エステを体験できるエステサロンを探して行ってみると新たなアプローチ方法が見つかります。


痩身エステ体験!超おすすめ「サンパティックの体験コース」




セルライトにお悩みの方は「エンダモロジー」がおすすめ

一軒家の中にエステサロンというコンセプトが独特なのがサンパティックの痩身エステで、まさに人のお家にお邪魔しますといった雰囲気そのものでした。しかしながら、この雰囲気は大手サロンの賑やかな雰囲気が苦手という人にはピッタリで、自分自身もそのうちの1人です。

どうしても痩せない原因はセルライトにあると考えているサンパティックのコンセプトは、長年セルライト対策にお金を投じてきただけあって、気になります。

サンパティックのセルライト対策には、エンダモロジーというローラーを使い、お尻や太もも、お腹に二の腕など全身にかけていくのが特徴です。口コミにもありましたが、固まっているところほど痛いのが特徴です。

二の腕が思いのほか痛かったという口コミが多かったのですが、確かに痛かった反面、痛いということは効果があるということでもあります。


【エンダモロジーは痛いの?】
セルライトが多い部位は特に痛みが強い


むくみにお悩みの方は「リンパマッサージ」がおすすめ

自分ではむくみ体質ではないと思っていましたし、足や顔がむくんでパンパンという経験もほとんどしたことがありません。そのため、むくみとは無縁と思っていましたが、長時間の事務仕事だったことから血流が悪くなり、そのために座りっぱなしでずっと圧迫されているお尻周辺の血流の悪さから、むくんでいると言われました。

エンダモロジーのあとは、溶けた脂肪と老廃物を外に流しだすためのリンパマッサージが行われますが、これが意外と強い力だったのには驚きです。これくらいの力で揉まないと確かに体の中にある老廃物を効果的に押し出すのは無理なのかもしれません。

痛みはなかったので、これはやはりエステティシャンならではの技術なのだと納得させられるところで、むくみも改善しそうなことから、悩んでいる人には特におすすめです。



脂肪にお悩みの方は「スーパーセル・スリムアップEMS」がおすすめ

お腹周りにばかり脂肪が付いて、しかもどう頑張っても落ちないという脂肪に悩む人には、サンパティックの凝り固まった脂肪を分解して溶かすスーパーセルと、筋肉をつけることができるスリムアップEMSを同時に受けるのがおすすめです。

身長があり、見た目がすらりとして見えるだけにいつもメタボ検診では看護師さんに驚かれ、おかしいなと測り直されてしまうのですが、お腹はメタボなのが現実です。かなりダイエットや運動を頑張ってもこのあたりはどうしても脂肪がいつもあるという部分はおそらく固まっているからだと考えられることから、分解する必要があります。

さらにお腹周りの筋肉を鍛えることで腸の働きが良くなると言いますから、便秘対策にも一石二鳥になるところもおすすめです。



全ての悩みが解決できるのはサンパティックの「セルライト撃退コース」

サンパティックが持つ技術を結集したのがセルライト撃退コースで、セルライトを分解して改善したりきれいに消してくれます。さらにセルライトを分解すると脂肪が溶けるので、リンパの流れを良くして老廃物を排出させることからむくみの改善にもつながるのが特徴です。

頑固な脂肪の塊であるセルライトを撃退できれば、必然的に皮下脂肪が減少という流れになりますが、サンパティックのすごいところは脂肪がなくなることで垂れさがってしまいがちな、皮膚のたるみも改善してくれることです。

せっかく脂肪はとれたものの皮膚がたるんでしまったのでは手放しで喜べないだけに、お試し体験でその効果を十分に感じ取ってから、その後セルライト撃退コースへと進むかどうかを自分自身で感じた効果を元に判断できる痩身エステといえます。

プラン詳細を見る

関連コラム

新着コラム

上へ