フェイシャルエステで実施されているイオン導入って何?

フェイシャルエステで実施されているイオン導入って何?
 最近よく聞くイオン導入とはいったいどういうものなのでしょうか?お肌のために本当にいいのでしょうか?どういった使い方が安全なのでしょうか?今一つよくわからないイオン導入について、勉強してみました。
 イオン導入は美4サロンなどで実施しています!

フェイシャルコースの定番「イオン導入」の効果とは?




イオン導入とは

 そもそもイオンとはいったい何のことなのでしょうか?イオンとは、電気を帯びている物質のことです。お肌の表面には弱酸性でプラスイオン化した成分が多いのですが、お肌の深部はマイナスイオン化した成分が多いのです。表面のプラスイオンと深部のマイナスイオンの接するところは微弱な電流が起きています。この電流はいわゆる肌バリアと呼ばれるもので外部からさまざまな成分が浸透して体に害を与えないように働いているのです。

 イオン導入とは、このバリア機能を一時的に弱めてしまって、肌から体内に栄養成分を浸透させようとするものです。バリア機能を弱める方法は、器具を使って微弱な電流を流して、バリア機能の電流を一時的にとめるのです。

 バリア機能が衰えているとはいえ、肌は外の毒物などから体を守るための大切な鎧です。いくらバリア機能を弱めたからと言っても、あまり粒子の大きな成分は体内に浸透させることはできません。イオン導入で体内に浸透させることができる美肌成分は、ビタミンⅭ誘導体、アミノ酸、プラセンタ、トラネキサム酸です。一方で、美肌成分として有名なヒアルロン酸やコラーゲンは粒子が大きいため浸透できません。

イオン導入に適した化粧品

 イオン導入するためには、通電性があることが大切です。油分を含む化粧水や美容液は適していません。また、当然ですが粘りが強い成分も適していません。気を付けなければならないのは不純物を含んでいないものを選ぶということです。香料や防腐剤などが皮膚の深部に浸透すると、深刻なアレルギー症状の要因になります。安全性が確認されたイオン導入用の化粧品を使うことをお勧めします。

さまざまな栄養素の効果

 ビタミンCの効果は、よく知られています。メラニンの生成を抑える効果があり、またビタミンC自身に漂白作用があるので非常に有効な美白成分です。また強い抗酸化作用があるのでアンチエイジングにも効果があります。アミノ酸がコラーゲンを生成するサポーターの役も果たしているので、肌の新陳代謝を活発にして若々しい肌を保つ作用もあります。

 プラセンタとは、哺乳類の胎盤のエキスのことです。胎児が成長するための栄養素が含まれているので、アミノ酸、ビタミン、ミネラルはもとより核酸、酵素、糖質などありとあらゆる栄養素が含まれています。そのため、非常にアンチエイジング効果が高い成分なのです。

 また、トレハロースは自然由来の糖質ですが、アルロン酸に匹敵するような保湿効果があります。イオン導入すれば肌の内部から保湿効果が働きます。

エステサロンのイオン導入

 エステサロンではフェイシャルケアとしてイオン導入ケアをするところが増えています。エステティックサロンで使う化粧品は専用の化粧水なので安心です。ただ、肌の内部に化粧品を浸透させるということは、やはり慎重にしなくてはならないことですから、口コミなどでしっかり調べて評判のいいエステサロンを見つけましょう。口コミでも評判なのは美4サロンなどがあります。

イオン導入の注意点

 イオン導入は、体に電流を通す美容法です。妊娠中、持病のある方にはおすすめできません。特に、体内にペースメーカーなどの電気機器を埋め込んでいる人は慎重にしなければなりません。また、アトピー性皮膚炎がある人も医師の指示を受けてからにした方が安心です。皮膚の深部に成分が浸透するので、効果も大きい反面、もしもマイナス面があったときには、その面も大きく出てしまいます。

関連コラム

掲載企業一覧