ムダ毛を自己処理するとデメリットがあります。

ムダ毛を自己処理するとデメリットがあります。
 ムダ毛の処理を今でも自己処理されていらっしゃる方は非常に多いかと思います。自己処理を行っている方はどのような理由で自己処理を選択されているのでしょうか?
 それは料金の問題である方もいらっしゃるかもしれません。確かに脱毛料金はキャンペーンなどの料金は非常に安いですが、通常料金のパーツなどはそれなりにかかってしまうことは否めません。
 更には痛みがあるのではないかという理由で脱毛をしていない方もいらっしゃるかもしれません。確かにどちらも脱毛の弱点ではあります。ですが、だからと言って自己処理をずっと続けていくのでしょうか?自己処理にはデメリットもあります。そのデメリットを知ったうえでもう一度考えてみるのもよいのではないでしょうか?

自己処理の注意点




カミソリによる自己処理のデメリット

 カミソリでムダ毛を処理されている方は多いのではないでしょうか?この方法は自己処理の中でも非常の多くの方が使ったことのあるものだと思います。カミソリでの除毛はカミソリも非常に安く、長持ちするため、料金の面では非常に優れた自己処理方法ではないでしょうか?この自己処理方法は安いだけでなく手軽であるうえ、一度に広い範囲の剃毛ができます。お風呂のついでに除毛が出来るという点でもお手軽なのもメリットです。ですが、当然デメリットも存在します。

肌に傷を付けてしまう

 カミソリで自己処理をする時のデメリットでまず触れておく必要があるのはやはりムダ毛処理の際に怪我をしてしまうことではないでしょうか?ケガと言ってもちょっとした切り傷かもしれません。ですが、除毛するだけで切り傷が出来るのはやはりデメリットといえるでしょう。更に切り傷はできなくてもお肌の弱い方はカミソリ負けしてしまうこともあるかもしれません。実はこの傷が出来てしまうというのはその他にもトラブルを引き起こしてしまうのです。どのようなトラブルかというとそれは「埋没毛」です。

埋没毛

 埋没毛というのは毛穴の奥で毛が伸びてしまう現象です。この埋没毛は毛穴の奥で毛が絡まり育ってしまうので、お肌の表面から見ると黒いボツボツに見えます。ひょっとするとこの黒いボツボツには覚えがある方もいらっしゃるかもしれません。その黒いボツボツはカミソリによる自己処理が原因であるものかもしれません。

除毛クリームや除毛ムースによる除毛のデメリット

 除毛クリームや除毛ムースは非常に手軽に除毛が出来ることでも人気の方法です。この除毛ムースや除毛クリームというのは痛みもなくどなたでも安心して除毛することができます。
 ですが、それは痛みがないというだけでお肌へのダメージが小さいというわけではありません。実はこの方法はお肌に非常に大きなダメージを与えてしまうものなのです。そのため、この方法を連続して行うことはおすすめできません。

なぜダメージを受けてしまうの?

 では、なぜ除毛クリームや除毛クリームがお肌に大きなダメージを受けてしまうのかというところを説明したいと思います。
 除毛クリームや除毛ムースは毛のタンパク質を溶かして除毛します。ところがここで問題になるのが、タンパク質であれば何でも溶かしてしまうという点です。毛のタンパク質だけでなく、お肌の表面のタンパク質も一緒に溶かしてしまっているのです。そのため、痛みはなくても、実はお肌に大きなダメージを受けてしまっているのです。

電動カミソリによる除毛がおすすめ

 電動カミソリによる除毛は実は非常に安全な方法なのです。普通のカミソリではお肌に大きなダメージがあるのですが、この電動カミソリであれば大きなダメージはありません。なぜならカミソリが大きなダメージをお肌に与えてしまうのはカミソリの刃がお肌に強く当たってしまうからです。
 電動カミソリはお肌に刃が強く当たりすぎないように出来ています。そのため、安全な方法であるといえるのです。ですが、電動カミソリにもデメリットはあります。電動カミソリによるデメリットは深剃りできないという点です。深剃りが出来ないためにVIOのムダ毛などはどうしても多少残ってしまうこともあります。

関連コラム

掲載企業一覧