アフターケアが安全な脱毛が可能

アフターケアが安全な脱毛が可能
 エステサロンや脱毛サロンなどで行われているフラッシュ脱毛やクリニックで行っている医療レーザー脱毛というのは最近施術を受けるハードルが非常に下がってきています。
 その理由の最も大きい部分はなんといっても料金ではないかと思います。料金の下落は確かに脱毛のハードルを下げました。ですが、そのため脱毛の施術自体をとても簡単なものに見せてしまうというデメリットも生まれました。
 実はこれらの脱毛方法は意外にもトラブルが多い施術なのです。とはいっても安全性は確認されていますので、しっかりと注意事項を守っていれば安全性は確保できるのです。
 その注意事項と並んで大事なのがアフターケアです。アフターケアをどれくらいしっかり行ったかで安全性も大きく変わってきてしまうのです。

脱毛効果を高めるために




アフターケアを行わないとどのような影響があるの?

 脱毛の施術後にアフターケアを行わないと様々なトラブルを誘発してしまうことがあります。なぜアフターケアについて取り上げたかというと脱毛の施術はアフターケアを行う必要があるのですが、そのアフターケアはサロンやクリニックが行うわけではありません。脱毛の施術を受けたご自身の手で行うものなのです。そのため、アフターケアをサボってしまうことも出来てしまいます。そのアフターケアを怠ってしまったことでトラブルが引き起こされてしまうことだってあります。
 具体的にどのようなトラブルが引き起こされてしまうのでしょうか。

やけどのトラブルにならないためのアフターケア

 脱毛につきものともいえるトラブルです。このやけどの実はアフターケアが大きく影響しています。やけどのトラブル自体は脱毛の施術時に起こるものだと思っていらっしゃる方が多いかと思います。確かにそのタイミングで原因となる軽度のやけどは起こってしまいます。ですが、そのあとにアフター
アを行わないことでそのやけどがひどくなってしまう
ことがあるのです。そこでオススメのアフターケアがあります。
 それは「ぬれタオル」です。清潔なタオルを濡らして脱毛パーツにあてるだけです。このぬれタオルがおすすめである理由は二つです。
 一つは「冷たすぎない」ことです。脱毛直後のお肌は非常にデリケートになっています。冷やしすぎることもダメージになりかねません。そのため、ぬれタオル程度の温度がちょうどいいといえます。
 もう一つは保湿できることです。脱毛の施術の直後のお肌というのは非常に乾燥しています。この乾燥も様々なトラブルの元となってしまいます。その乾燥もぬれタオルならしっかりと保湿できるので、アフターケアとしてぴったりなのです。

ニキビのトラブルを予防するには?

 脱毛直後というのはニキビができやすいのです。なぜニキビができやすいかというとニキビというのは毛根部分が化膿してしまい、毛穴の中に膿が溜まってしまう症状です。
 ここで脱毛直後の毛穴の状態を思い出してみると、脱毛直後は毛穴の中がデリケートになっていて、細菌感染が起こりやすい状況です。細菌感染が起きてしまった後に悪化すると化膿することになります。 のためニキビができやすいのです。
 ニキビができないようにするにはお肌を清潔に保っておくことが大事です。

シミを防止するアフターケア

 脱毛直後はシミなどの色素沈着が起きやすいといわれています。そもそも色紙沈着はなぜ起きてしまうかというと、その原因はメラニン色素が過剰に分泌されてしまうことにあります。メラニン色素はお肌を守るために分泌されるものなのです。通常の状態でも少しずつは分泌されていますが、代謝とともにそのメラニン色素も排出されていくのです。
 ところが過剰に分泌されると代謝が間に合わずシミなどの色素沈着となるのです。 色素沈着が起きないようなアフターケアはまず、刺激を受けないことです。衣服との摩擦も最小限にしましょう。
また、紫外線も大きなダメージになります。紫外線ケアを行う上でも一つ注意があります。UVカットクリームなど薬剤を使ったケアは脱毛直後のお肌にはまだ刺激が強すぎる可能性があります。低刺激のものを選ぶなど対策をしましょう。

関連コラム

掲載企業一覧