本当に脱毛していいの?考えよう、ムダ毛の役割とは?

本当に脱毛していいの?考えよう、ムダ毛の役割とは?

 私たちの体の体毛の表面には、全身でおよそ500万本もの毛が生えています。生えていない部位は、てのひらや、足の裏、唇、指の腹、生殖器など、ごくわずかの部位で、それ以外は産毛を含めて全身が体毛で覆われています。
 多くの女性たちは、薄着の季節になると、ムダ毛の処理をするたびに、「こんな毛、生えてこなければ、面倒じゃないのに!」と思う事もあるでしょう。特に近頃では、必要以上に、体毛の存在をネガティブに捉え、体毛全てがムダ毛と捉え、厄介者扱いをする傾向があるようです。ですが、本来はこの体毛も人体にとっては大切なものでした。
 まずは、体毛とは一体何か?エステサロンや脱毛サロンで行われている脱毛や、強力な永久脱毛ができる医療機関で行われる医療レーザー脱毛をする前に、一度、振り返ってみましょう。



毛には多くの役割があるのを知っていますか?




体毛の役割

 脱毛してから毛の大切さに気付いたのでは、遅いのです。まずは毛の役割を理解た上で、納得してから脱毛しましょう!


衝撃を和らげてくれます

 現在のように、衣服を着る習慣の無かった原始時代、私たち人間の体は他の動物と同じように長い体毛で覆われていました。日差しや寒さ、雨や風といった外界からの衝撃を体毛が和らげ、身を守っていたのです。
 時代が進むにつれ衣服を着用するようになり、このクッションとしての役割は次第に薄れ体毛自体も薄く短く退化していったようです。が、今も体温調整や呼吸、汗や皮脂などの分泌作用をスムーズに行うという点で、体毛が役立っていることには変わりありません。体毛がある御蔭で日常の刺激や衝撃による怪我や、またそれが原因で引き起こされる疾病も防ぐことができているのです。

 例えば頭髪は、生命の営みをコントロールする脳<を、陰毛は子孫繁栄に欠かせない生殖器を保護するために、特に濃く密生しています。また、眉毛は汗やほこりが目に入らないように、まつ毛はゴミや虫などの異物から眼球を守るようにと、一つ一つに確固とした意味があります。ちなみに、厄介払い扱いされやすい、脱毛の人気パーツの一つワキ毛は、汗を効果的に発散させるとともに、肌と肌、あるいは肌と衣服との摩擦を防ぐために生えていると言われています。



★体毛の役割まとめ
頭髪 生命の営みをコントロールする脳を保護
陰毛 子孫繁栄に欠かせない生殖器を保護
眉毛 汗やほこりが目に入らないよう保護
まつ毛 ゴミや虫などの異物から眼球を保護
ワキ毛 汗を効果的に発散させる・肌と衣服との摩擦を防ぐ

触覚をキャッチさせるセンサー

 蝶の幼虫である芋虫の類は、体中に繊毛という薄い体毛が生えています。これは体を保護するだけでなく、体毛による触覚を駆使して外界の情報を得るという働きを持っています。つまり、まだ視覚が発達していない幼虫の重要な知覚手段となっているのです。
 またマウスなどを使った動物実験によると、普通に体毛がある状態と体毛が全くない状態では、その触覚に12~20倍もの差が生じるとの結果が出ています。野生動物たちは、そうして外界の危険などをいち早くキャッチし、生体の防衛につなげているのです。

 さて、人間の体毛の場合は、芋虫やマウスほど敏感ではありませんが、「ザラザラする」「ツルツルする」「スベスベする」といった微妙な感触を感じ取ることができます。これは、皮下で毛を支えている立毛筋という筋肉によるものです。体毛が何かに触れると、この立毛筋を通じて触覚が伝達されます。頭髪の場合、他の体毛と比べ、長く硬いため、より察知しやすいようです。


毒物の排出

 人体を守るための重要な役割の働きのひとつが、毒物を排出するという働きです。特に体内に水銀などの重金属が入り込んでしまった場合、その排出は体毛によって行われるとされています。犬に重金属を与えて行った実験によると、肝臓から排出される8倍もの量が、その毛から排出されたというデータも出ています。この結果をもとに、ある環境汚染による疾病の認定検査が行われていたこともあるようです。



体毛の構造(サロンや医療機関の脱毛マシンはどこにアプローチしているのか?)

 自分の毛を引っ張って抜いてみたことがありますでしょうか?外に出ている部分と比べて「思ったよりも長い」と感じたことはありませんか?このように毛は、体の表面から出ている部分と皮膚の内部にある部分とが大別されています。ここでは、そのような毛の構造について少し学んでおきましょう。


毛の仕組みについて

 皮膚の外に出ている部分の毛を毛幹、皮膚の下に入り込んでいる部分を毛根と呼びます。さらに毛根を皮膚の中で包んでいる部分を毛包、または、毛嚢と言います。

 毛根の根っこの部分は球状に膨らんだ毛球と呼ばれるところで、その底のくぼみを毛乳頭と言います。毛乳頭には血管や神経が通じていて、直ぐ上に集まっている毛母細胞に栄養分を運び込んでいます。この毛母細胞は体毛の発生源で、栄養を受け取って常に分裂をして、成長をしています。細胞は角質化し、鱗のように連なって毛ができ、毛包内を上へ上へと伸びるように成長し、体表へと顔を出すのです。

 また、体毛は、毛乳頭や皮脂腺開口部が破壊されない御限り、抜いても剃っても再び生えてきます。近年の脱毛サロンで行われる光脱毛や、医療機関で行われている医療レーザー脱毛、ニードル脱毛などは、この毛母細胞に対して処理を行くために、毛の成長のメカニズムそのものにアプローチしているために、毛が生えなくなると近年人気になっています。



毛幹の構造

 表皮の外に出ていて、普段、私たちが「髪の毛」と呼んでいる毛幹は、どのような仕組になっているのでしょうか。毛幹は、三つの層から成り立っています。

 もっとも外側にあるキューティクル(毛小皮)は、半透明の鱗状をしていて、硬いタンパク質でできています。これが毛幹の根元から毛先に向かって少しずつ重なり合うようにして規則的に並び、内側のコルテックス(毛皮質)やメデュラ(毛髄質)を取り巻いています。ちょうどタケノコの皮の様子を思い浮かべると分かりやすいでしょう。

 このキューティクルは、外界の刺激や衝撃から毛髪の本体(コルテックスなど)を保護する役目を担っています。なかでも水やアルコール、希薄な酸や塩類には強い抵抗力を持っています。海水浴で全身ずぶ濡れになっても、体毛が傷み、変質しないのは、この抵抗力のおかげです。
 ですが、アルカリには、弱いので、その性質を利用して、頭髪のクセ毛や色をコントロールするパーマ液やカラーリング液が作られています。

 よくシャンプーなどのコマーシャルでは、「キューティクルを守りましょう。」などという表現が使われていますが、キューティクルが剥がれたり、傷んだりしていなかったり、きちんと並んでいれば、当然、髪は美しくつややかで健康であると言えます。しかも、この理論は髪の毛のことだけではなく、体毛全般に言える事なのです。

 そのキューティクルの内側に位置するコルテックス(毛皮質)は、体毛の主成分で柔らかいタンパク質から成り立っています。毛の性質、すなわち弾力性や強さ、しなやかさは、この層で決まると言っても言いでしょう。また、毛髪の色を決めるメラニン色素の顆粒を多く含むのもこの層です。

 最後に、毛幹のいちばん内側にあるメデュラ(毛髄質)は、空洞のたくさんある蜂の巣のような細胞で、ここもやはり、タンパク質でできています。ただし、その量にはかなりの差があり、一般に太い毛には多く、細かい毛には少なくなっています。なかには、全くメデュラの存在しない毛があり、赤ちゃんの産毛がその一つです。反対に、寒冷地に生息する動物の毛はメデュラが50%以上も占めているものもあり、色素や脂肪をたっぷり含んでいることから体温保持に役立っていると推測されます。



胎児の時から生えている体毛

 生まれたばかりの赤ちゃんにも、すでに体毛が生えていることは誰もが知るところです。では、体毛はいったいいつの頃から生えているものなのでしょうか?

 体毛(ここでは主に髪の毛)は、受精しておよそ20週目、皮膚と同じ頃に子宮内胎児に発生します。これは1次毛、あるいは、胎児毛と呼ばれるもので32~36週で脱落するまで続きます、毛質は細く、比較的長いのが特徴で、無色素です。この体毛は、「初毛」あるいは、「原子毛」と呼ばれることもあります。

 そして誕生を迎える頃、手のひらや足の裏、生殖器、指の腹などを除くほぼ全身に生えている細くて柔らかい体毛を二次毛と言います。二次毛は、細くてメデュラ(毛髄質)が無く、色は無色か、あるいは、ほんの少ししか色が無いのが特徴です。

 さらに、二次毛(軟毛)から三次毛(硬毛)に変化するのですが、その時期は部位によって大きく違ってきます。例えば、頭髪や眉毛、まつ毛は生後一年以内に、ワキ毛や陰毛、鼻毛は、男女を問わず、思春期を迎えるころに生えてきます。また、耳毛に至ってはかなり遅く、45歳前後になって初めて生えてくるケースが多いようです。この三次毛は二次毛と違ってメデュラがきちんとあり、メラニン色素も含まれている事から、濃い色の長く太い毛質であるのが通常です。



毛に感謝して脱毛してみてはいかかですか?

 ちなみに、エステや医療機関の脱毛マシンや、の光やレーザーが反応するのは、このメラニン色素に対してです

 また、二次毛から三次毛に生え変わる中間の体毛で、前腕や下腿部などに多く分布している体毛を中間毛と呼ぶこともあります。中間毛の特長は、柔らかすぎず、硬過ぎず、やはり二次毛と三次毛の中間といった印象です。

上述の説明の通り、普段ムダ毛と呼んでいる毛には、それぞれ役割があり、意味があって存在しています。メラニン色素に反応して毛を処理していく医療機関のレーザー脱毛や、エステや脱毛サロンが行っている光脱毛などで、処理してしまうと、なかなか生えてこなくなります。レーザー脱毛に至っては、ほぼ永久脱毛と言えます。


 是非、脱毛に挑戦する前に、毛の役割に思いを馳せて、本当に処理してよいか、考えてみてください。もちろん脱毛は悪いことではなく、見た目も綺麗になりますし、今でも自分でムダ毛を処理している方がほとんどだと思います。
 脱毛する際は、今までお世話になってきた毛に感謝しながら処理していけば、今後もお肌を大事にしようという気持ちが強まるかもしれませんね。

関連コラム

掲載企業一覧